介護利用をお考えの方へ

介護プラン作成の流れ

介護サービスを利用するにはお申し込みから、ケアプランと呼ばれる計画書の作成、ご契約まで、規定の手続きが必要です。その大まかな流れをご案内します。

要介護認定の申請

まずは市町村の介護保険担当窓口に要介護認定の申請をしましょう。この申請はご本人やご家族様にて行えますが、介護プランセンター丹陽でも無料にて代行させていただきます。

※申請に必要なもの
・第1号被保険者(65歳以上の方) 介護保険被保険者証
・第2号被保険者(40歳~64歳の方) 加入している医療保険の被保険者証

認定調査

介護専門の調査員がご家庭を訪問。介護利用者様ご本人と、そのご家族に面談を行い、身体状況や疾病の状態を伺います。

主治医が意見書を記入

市町村がかかりつけの医師に依頼し、ご利用者様の心身の状態に関する意見書を作成してもらいます。
※かかりつけ医をご紹介する制度もあります。

審査・判定

訪問による認定調査や主治医意見書の結果をもとに、介護認定審査会にて申請者様の要介護度を判定します。

結果通知

申請があった日から原則30日以内に判定結果を通知します。
※判定は「非該当(自立)」「要支援1・2」「要介護1~5」の3種類があります。

ケアプランの作成

居宅介護支援事業車(ケアプラン作成事業者)を選定。担当となったケアマネージャーが利用者様の状態やご希望、利用料などを踏まえ、最適なケアプランを作成します。

介護サービスの利用開始

ケアプランに基づき、介護サービスの利用を開始していただきます。その後も、状況の変化に注意しながら継続的に支援を行っていきます。

介護サービスを利用できる方

65歳以上の方(第1号被保険者)
  • 日常的に介護や支援が必要であると認定された方。
  • ※65歳になる月(65歳の誕生日前日の属する月)に「介護保険証」が交付されます。
40歳から64歳までの方(第2号被保険者)
  • 特定疾病(※)が原因となって、介護が必要であると認定された方。
  • ※介護が必要と認定された方のみ、介護保険証が交付されます。
    ※事故や病気など特定疾病以外の原因で介護が必要となった場合につきましては、介護保険による介護サービスの対象となりません。
介護サービス利用の対象となる特定疾病
  • ガン末期
  • 脳血管疾患
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 後縦靭帯骨化症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 関節リウマチ
  • 多系統萎縮症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 初老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 早老症
  • 脊柱管狭窄症
  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
介護サービスについてお気軽にご相談ください。
  • 介護プランセンター丹陽
  • TEL 0586-76-9906
  • ※受付 平日9:00~17:00(祝日、12/29~1/3はお休み)
  • メールフォームでのご相談はこちら

社会福祉法人 春岡会

  • お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号:0586-76-9908 お電話受付時間 9:00~17:00
  • メールフォームでのお問い合せ・資料請求はこちら

▲ ページトップへ